アノ社長、もういい年齢かもしれないなあ

自分は今の業界に入って3社目なんだけど
1社目の社長が特に面倒を見てくれて、今でもそこの社員をひっくるめて仲良くしてもらってる。
自分が付け回しが苦手だったときには
小手先のテクニックじゃないってことを教えてくれた。
一人一人の顔を落ち着いてみるんだって。相手は人間なんだから。

その他にも数えきれないくらいのことを教わった。
で、久しぶりにその会社に行ったんだけど、
なんか、社員と社長の態度がよそよそしくなってたんだよね。
そのお店は経営会議が終わった後は必ず新人含めて飲みに行ってたのになんと社長が欠席。
ナンバーツーだった人がみんなをまとめて飲みに行くことに。

自分はナンバーツーの人にもお世話になってるから
「なんか変な雰囲気じゃないですか」って聞いてみたら「そうなんだよ」と。
どうも最近、社長とメンバーの間の雰囲気が悪いらしい。

それで、いい意味で社長を辞めさせる方法を考えてるんだって。
社長と現役メンバーが対立して辞めるんじゃなくて
セレモニーをやって、感謝して、いいかたちで引退してもらう方法。

でも、中小企業診断士のかたなんかが言うには
社長が引退する次期は社長自身が決めたほうがいいらしい。
であれば、今のように直接社長が業務にかかわる形ではなくて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です